PAGE TOP ▲

 北アルプス 霞沢岳西尾根

  

【期  日】2019年3月2日(前泊・後泊)

【メンバー】 L/MS(会員外)  SL/MS  他会員外7名

【コースタイム】3月1日塩尻にて前泊

3月2日 6:30釜トンネル入り口~6:50上高地トンネル入り口~7:05霞沢岳西尾根取付き~11:40ナイフリッジ~12:10岩稜下部~12:45霞沢岳山頂~17:00西尾根取付き~18:00釜トンネル入り口           塩尻にて後泊
3月3日 帰京

【コメント】


霞沢岳は2015年に登頂して以来2回目だった。前回は2015年3月20日でテント泊だった。
今回も当初はテント泊の予定であったが、翌日の天気が荒天の予報だったため、急遽日帰りの日程に変更となった。
天気に恵まれても10時間行動の予定となり、暗くなるぎりぎりの下山予定であった。
ただ荷物が軽くなった分楽になった。
最初に驚いたのは雪の少なさである。
日程を前回より2週間以上早めたにもかかわらず積雪が1m以上少なかった。
やはり今年の雪の少なさは前代未聞である。
ピッケルで支点がとれず、逆に登りにくかった。
場所によっては雪がなかったり、溶けて氷が張っていた。
そしてもともとテントを張る予定地の1950m地点は、雪が少なすぎてテントを張るために整地できる状況ではなかった。
他にテント泊の人もいたが2100m地点くらいまで登って張っていた。
日帰りにして正解だと思った。
天気は快晴で白山はじめ360度の眺望を楽しめた。
山頂からは息を飲むほどに美しい穂高連峰が望めた。
今回はこのコース2回目ということでほとんどトップを登らせてもらい、自信がついた。
岩峰は雪がなかったので登りはフリーで登り、下りのみロープを張って懸垂下降や補助ロープとして使用した。
午後は気温が上がって雪がどんどん腐ってきて急斜面の下りでは足元が雪崩のように崩れて非常に神経を使った。
霞沢岳西尾根は急斜面、トラバース、岩峰、ナイフリッジといろいろ飽きないコースの上に素晴らしい景観が広がり、何回行っても楽しめる山でまた是非行きたいと思った。

                               【コメントM/S】

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます

釜トンネル 内部に照明つきました              新しくできた上高地トンネル

   
 
      登山口はここから                  何と!登山口に雪がなく笹が出てる!

   


       急登が続く                     前は大きいザックおろしてくぐりました

   

     
   雪が少ないので今年は楽です                    樹林帯を登る

   


   高度稼ぐと焼岳が迫力ある姿を見せる       ぽっかりと浮かんで見えるのは白山

   

      雪山は本当にきれいですね              ナイフリッジ 雪庇に注意

   

     やっと岩峰が見えてきた                  後ろには焼岳

   

               岩峰に向かう わがパーティ

 

    雪がほとんどなくロープ出さずに登る        岩峰を越えてしばらく行くとやっと頂上が

    

        霞沢岳山頂                        天気と眺望は最高です

    

  岩峰の下りは念のためロープを出します            懸垂下降で下ります