PAGE TOP ▲

浅間山 (前掛山)(2,524m )

【期 日】2019年3月9日(土)

【メンバー】 Kz.O

【往 路・復 路】 所沢IC-(関越自動車道)-小諸IC - 浅間山荘登山口

【コースタイム】


↑画像をクリックすると見やすいです。


↑画像をクリックすると見やすいです。

【コメント】

約三年ぶりに火山警戒レベル2から1に下がって、前掛山まで行けるようになったらしいので、行ってきました。
事前のブログ等の情報収集では、雪が少なく、軽アイゼンでピッケル無の書き込みや、
つぼ足で頂上まで行ったという人までいたので、自分も軽アイゼン(韓国製10本爪長半分以下)と2本ストックのみで
アタックしました。(しかし前日と前々日の天気の情報収集を怠りこの判断で後々、苦しむ事に・・・。)

久しぶりの土曜日山行。駐車場は7時時点でほぼ満車状態、やっぱり平日とは違うと思いつつ、
どうにかクルマを停めることが出来て山行スタートしました。
不動の滝あたりでなんだか雪が深くなっていくことに一抹の不安を覚えつつ、二の鳥居で軽アイゼンを装着して
火山館で休憩後、賽の河原分岐を過ぎたころには軽アイゼンでココに来たことを後悔していました。
なぜなら前日と前々日は新座は雨でしたが、こっちは雪が降り積もっていたのでした。

賽の河原分岐 ~ 立入禁止告示板までのガトーショコラ山腹の登りは、軽アイゼンの歯は全くと言っていいほど
サラサラの雪面に食い込まなくて、自分だけキックステップで周りの人の2倍足を動かして
進むことになりました。そして、このころには割と強めの南風が山腹の地を這うよう自分の体をこすりつけて
ストックを持つ手に力がはいるのを感じながら進みました。

ドーム型のシェルターに着くと、山岳会と思われるメンバーが休憩中でした。途中、お話を伺うと、
東京の稜朋会の会山行との事でした。
リンクフリーとのことでしたのでご紹介します。
稜朋会の浅間山の会山行のページは → ココ
稜朋会の浅間山の写真のページは → ココ(写真キレイ、そして楽しそう)

その後、頂上での撮影も程々に下山を開始、土曜なのでシェルターも人がいっぱいなので、そこでの休憩も
諦めて火山館でカップラーメンを食べようとした時に事件は起こりました。
なんと、ハシを忘れるという茶臼岳に続くミスを犯し、手で食べようかと悩んだり、何のために水、バーナー、
コッヘルを持ってきたんだとガッカリした挙句に昼ごはん抜きで登山口まで戻ってきました。

下山後は、登山口の天狗温泉で汗を流し、横川SAで遅い昼食をとって帰路につきました。

今回の教訓は、
・他人の書き込みと当日の天気ばかり見ないで、直近の天気も見よう。
・フォーク、またはハシを電池と一緒に入れておこう。
・天狗温泉の入浴時に使った白いタオルは茶色になって落ちないね。。
・やっぱり上信越の帰りは、釜めし買って帰ります。
です。

ユキはやっぱり楽しいです!(^^)!

(Kz.o記)  


今回のルート。 ↑画像をクリックすると見やすいです。
※Internet Explorer11をご使用の方は、
続くダイアログで、
「ファイルを開く」を選択してください。


浅間山荘(天狗温泉)登山口


二の鳥居手前の凍った不動滝。((~~▽~~ ;)ブルブル


湯の平口分岐だったかな?


賽の河原分岐


天気サイコーo(^▽^)o


昨日とその前の日で積雪したみたいです。


まさにガトーショコラだな~。


シェルター横の登り口からの景色


夏タイムで頂上まで20分


軽アイゼンがちっとも食わない。。 (┯_┯) ウル


頂上手前からシェルターを望む。後ろは日光白根?


2人連れの方に撮ってもらいました。


後ろがホントの浅間山。コッチは暫定浅間山の頂上


上のをクリックすると頂上360度動画(音声ナシ)を再生します。
※ Internet Explorer 11の方は、画面下部の「ブロックされているコンテンツを許可」ボタンを押下後に、
画像にマウスカーソルを移動すると再生ボタンが現れます。


(写真/撮影:Kz.O)