PAGE TOP ▲
スノーシューを楽しむ
浅間山周辺 湯の丸山(2099.1m)

  

【期  日】 2019年3月10日(日曜日)

【メンバー】 CL:Y/S SL:M/K T/K T/M I/K I/S Y/Y Y/T N/U C/K J/K S/T M/S K/O K/A A/O (他:所沢ハイキング6名参加)

【コースタイム】地蔵峠 10:00 ~ 鐘の分岐 10:45 ~ 湯ノ丸山山頂 11:50 ~ (途中昼食) ~ 鐘の分岐 13:05 ~ 13:50 地蔵峠

【コメント】  
 今シーズン2度目のスノーシューです。前回は湯ノ丸山少し手前の高峯山でしたが雪は例年になく少なく、スノーシューができるかどうかリーダーはかなり心配したようです。でも天気が良かったこともあり、それなりに満喫はできました。あれから2週間、今回も同じ山域です。積雪は全くと言っていいくらい期待していません、雪山が楽しめればそれでOKと・・・。
 ところが!何と嬉しいことでしょう!湯ノ丸山は真っ白でした!多分平地で冷たい雨が降った3日前、山は雪だったのでしょう。加えて今日は曇り空だったはずが予想外の好天となり、風も無く、展望も良く、最高のスノーシュー日和となったのです。

 装備も人それぞれ。スノーシューが殆どですが、アイゼン歩行の人も居ればワカンの人も・・・。 スノーシューの型もそれぞれで、傾斜の凄い所でもスイスイ~登れそうな山岳スノーシューを履いている人も居れば、雪原専用で、これから急斜面だけど大丈夫?と思うようなスノーシューの方も居ましたが、リーダーの「山頂まであと少しだよ~、あと20分だよ~!」という掛け声に、誰もが気合を入れ、登りました。 嬉しいことに全員登頂です!!そして、そこには何と素晴らしい展望が待っていました!烏帽子岳を舞台に、ドーンと広がる北アルプス・・・、富士山も八ヶ岳も、そして右には頚城山塊も素晴らしく! “ブラボ~♪”と叫びたくなるほどでした♪ 背後には信州の山々までくっきり見え、360度に広がる大パノラマ。「これだからやっぱり山はいいよね!スノーシューは楽しいよね!皆と登ると楽しいよね!」と思う感動の山頂でした。

 山頂は冷たい風が吹いています。山頂での昼食は無理なので、風のないところで昼食。浅間山の噴煙が時々上がります。スキー場で楽しんでいる人も・・・。そんな光景を眺めながらゆっくりと湯ノ丸山を楽しみました。下山後の湯の丸高原ホテルのお風呂も、熱くって最高でしたね♪

 このスノーシュー山行を企画してくれたリーダーSさんに感謝です。この季節だけしか出会えない、大パノラマな展望が楽しめたこと、これが最高でした。更にみんなの為、バス代を少しでも安くと、交際上手なSさん、所沢ハイキングの方に声かけし、6名も参加して頂けたのでバス代がかなり安くなり、お風呂にも入れ、とても楽しいスノーシューハイクができました。 ホカホカの体に浸み込むビールの味も、今日は格別!バス山行、これも楽し!おかげ様で一味違った楽しい山行ができましたね。有難うございました。 (I/K記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます (写真:K/O & Y/S)