PAGE TOP ▲

   群馬県 吾妻耶山(1,341m

吾妻耶山山頂からの眺め
  


【期  日】2019年3月14日(木)


【メンバー】L:Y.T  Y.Y. Y.S. M.S. K.A.

【コースタイム】新座6:00 … 所沢IC …(関越自動車道)… 水上IC … 谷川岳ロープウェイ乗場(悪天候のため引き返す)… 道の駅水上町 … ノルン水上スキー場駐車場・スタート9:50 -(スキー場脇の林の中を登る)- 11:25 昼食 11:45 - 12:35 吾妻耶山 12:45 - 13:45駐車場

【コメント】
 本来なら雪がたっぷりの谷川岳に登るはずでした。(←最初から嫌な予感)  M.S.さんの車に乗り込み、張り切って5人で出発したのですが、水上ICで高速を降りたあたりから雪がチラホラ舞ってきて、ロープウェイ乗場まで車を進めるうちにどんどん激しくなってきます。それまで賑やかだった車内が、「し~ん・・・」と静まり返ってしまいました。でも、「ここまで来たのだから!」と装備をバッチリ決めてロープウェイ乗場に行ってみると吹雪になっていました・・・ロープウェイが動いてない!!! (T_T)

 しょうがないのでまた車に戻って、ひとまず近くの道の駅に行き、今後の行動を決めることにしました。道の駅に行ってみると、あと5分でお店が開く、というので待って入店。オープンしたばかりのお店には、地元でとれた新鮮な野菜が並び、主婦4人は今夜の夕食材料を選ぶのに必死?です。(何をしに来たんでしょう!?)いつもは山行のあとに買い物をするのですが、この日は最初にしてしまったので何だか変な気分。しかし、このまま帰ってしまうのももったいないので、地図を広げて登れそうな山を探していたら、近場にノルンスキー場から行くことが出来る「吾妻耶山」がありました。「あずまやさん」はあちこちにありますが、この字の山は初めてでした。

 スキー場の駐車場からスタート!谷川岳はあんなに天気が悪かったのに、ここは晴天です。「谷川岳で日本海からの雪がせき止められているんだね~」と、妙に納得して歩き始めました。スキー場の中を歩くわけにもいかないので、すぐ隣の林の中をルートファインディングしながら進みます。時々「ズボッ!」と深みに入りましたが、「箕輪に比べたら大したことないね」とYさん。冬合宿の箕輪山であの大穴に入ったこともいい経験になりました。

 夏道とは全く違うルートで登り、途中で昼食を食べましたが、3時間で登頂。記念写真をとり、早々に下山。下山はスイスイと進み、わずか1時間で駐車場に戻りました。下山後はお楽しみの温泉?に入り、さっぱりして帰路に着きました。

 今回登れなかった谷川岳は来年のお楽しみにとっておくとして、急遽登ることになった吾妻耶山もとてもいい山でした。暖かくなってきたので雪質は少々ザラメ状でしたが、前夜に新雪が積もったらしく表面は綺麗な雪でした。何より、冬山は天気に大きく左右されることがよくわかりました。今日のようないい天気のお陰で、とても楽しい山行になりました。
  (K.A.記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます    写真  K/A