PAGE TOP ▲

秩父 四阿屋山(771.5m)

フクジュソウ園地にて
  

【日  付】 2019年3月17日(日曜日)

【メンバー】 CL C.K SL S.T S.N T.K T.M M.K S.O C.O I.K I.S H.A Y.T Y.Y N.Y S.T S.F N.U C.K K.A Y.K  20名

【コースタイム】 薬師の湯9:30出発→両神神社奥社11:06→四阿屋山山頂11:30→両神神社奥社12:05~12:20(昼食) →山居広場12:50→セツブン草自生地園13:50~14:20 →堂上バス14:42乗車

【コメント】
 前日、一時雨が降ったが今日は青空が広がり山行日和だ。 所沢始発のレッドアロー号で快適に西武秩父に到着。 小鹿野町営バスを薬師の湯で下車し山行スタート。

 薬師堂で登山の安全を祈願する。両神神社を過ぎ、右手の中国風の「友好之林」の門をくぐり、園内に入り観景亭手前より登山道に入る。 友好之林は昭和57年10月中国山西省と埼玉県が友好県省を締結し平成4年に満十年を記念し作られたそうです。

 ここからは尾根上の割と急な杉林の中の登山道を、右手眼下に薄川沿いの集落を望み、遠くは二子山方向の山を見ながら登って行く。久しぶりの山行なので結構きつい。両神神社奥社到着、この先、クサリ場、岩場があるのでザックをデポ、空身でピストン。木の幹、木の根、岩角、クサリがあるので手掛かりは充分、割と登りやすい、落ち葉に覆われた足場に注意し無事頂上に到着することができた。奥社にもどり昼食。

 12時20分下山開始、展望休憩舎をすぎ、男坂、女坂分岐に到着、皆さん迷うことなく、結構傾斜の急な階段が続く男坂コースを選択、みなさん体力あるな!。花の残る蝋梅園をすぎ福寿草園をすぎ押留コースで下山、13時20分車道にでる。節分草自生地園に向かい白井差方面のバスの通る車道を歩く、途中で雨が降り出し雨の中の節分草の観賞となったが、満開とはいかないけれども、まだかなり咲いていて可憐な花を十分たのしむことができました(しかも入園料無料で)。

 帰りの交通も、バスで三峰口に出て西武線直通の始発電車で座席も確保でき楽しく帰ることができました。 今回はリーダー、サブリーダーの手腕の良さが際立った山行でした。 歩行時間(休憩含む)4時間20分 歩行距離 6.4km (Geographica data) 最高高度 770m (Geographica data)
      (記:N.Y、コースタイム:C.K)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
             (写真 K.A)
 
 GPS ログ:国土地図情報データ + Geografica 記録(N.Y) マッピング=Trail Note。