PAGE TOP ▲

尾瀬 至仏山(2228m)


雪に覆われた至仏山
  

【日  付】 2019年4月21日(日)

【メンバー】 L:Y.T  Y.Y、K.O、K.A 計4名

【コースタイム】 志木駅5:40 ~ 所沢IC ~(関越道)~ 尾瀬戸倉 ~ 鳩町峠・スタート9:10 - 11:55至仏山12:30 - 14:10鳩待峠 ~ 尾瀬戸倉 ~ 道の駅白沢・望郷の湯 ~(関越道)~ 志木駅

【コメント】
 前日の朝、リーダーのY.T.さんから「突然ですが明日至仏山に行きませんか?」と連絡が入り、「えっ!まだ雪山ですよね?でも特に予定はないので行きます!」と即答した私。 尾瀬には何度か行き、燧ケ岳には登っているものの、いつでも登れると思って至仏山にはまだ登ったことがありませんでした。 もう雪山にはいかないだろう、とスノーシューやアイゼンをしまい込んでいましたが、また引っ張り出してきて急遽準備しました。

 早朝、Tさんの車に乗り込んで4人で出発!私以外の3人はもう3年連続でこの時期に登っているので余裕です?尾瀬戸倉で雪の状態を見て、スノーシューは車に置いていくことにしました。 鳩待峠でアイゼンを付け、今年は雪がたっぷりの登山道(というか、トレース)を進みます。快晴というわけではありませんでしたが、 風も弱くまずまずのお天気(^^♪ 途中で燧ケ岳が見えた時には歓声があがりました。しかし、登山道で出会ったのはほとんどがスキーヤーとボーダーで、 「登山者はどこ?」というくらい登山者が見当たりません(T_T) 比率にしてスキーヤー9割、登山者1割ぐらいでしょうか。

 高度が上がってくると、小至仏山と至仏山の姿もクッキリ!サクサクと進み、小至仏山は巻いたものの、夏山のコースタイムきっかりに山頂に到着~!!  今年は雪が多いので「至仏山頂」の標識は半分雪の中でした。山頂から少し下りたあたりで風を避けてランチにしました?? 下りも順調に進み、早めに下山できました。

帰り道、「尾瀬市場」で山菜などをどっさりと買い込み、「道の駅白沢・望郷の湯」で入浴し、帰路に着きました。休日の夕方お決まりの渋滞にちょっと巻き込まれましたが、 思いがけずに残雪の尾瀬の山を歩くことが出来て、とても楽しい一日となりました。
(K.A.記)

(写真 K.O、K.A)

今年は雪が多く、鳩待峠小屋横のベンチは雪の下。登山口から登り始めます。山頂方面も真っ白。
  

途中一休み、いいペースで登ります。尾瀬ヶ原、燧ヶ岳が見えてきました。
  

日光白根山に谷川岳方面。
  

赤城山方面。微かに遠く見えるは富士山(見えたら視力2.0)。
  

山頂までもう少し ⇒ 山頂に到着。墓石の標識は上部が出ているだけ。
  

一昨年(左)、昨年(右)は地面が見えていましたから、今年の雪の多さがわかります。
  

至仏山をバックに下山開始。順調に下って、鳩待峠に着きました。