PAGE TOP ▲

至仏山(2,228m) ・ 燧ケ岳(時間切れ途中まで)

【期 日】2019年4月27日(土)~ 28日(日)

【メンバー】 L : M.S Kz.O

【往 路・復 路】 所沢IC-(関越自動車道)-沼田IC - 戸倉駐車場 - 鳩待峠

【コースタイム】 ※Internet Explorer11をご使用の方は、続くダイアログで、「ファイルを開く」を選択してください。


↑画像をクリックすると見やすいです。


ルート。 ↑画像をクリックすると見やすいです。

【コメント】

27日

最初の計画は、会津駒ケ岳→御池→燧ケ岳→見晴→至仏山→鳩待峠の2泊3日で電車とバス利用の予定でした。しかし、バスのダイヤ改正で乗車予定のバスが無くなったり、初日(26日)の天気が大荒れで一端は中止となったのですが、1日違いで日本山岳会多摩支部の皆さんが逆ルートで行かれるとの事で1泊2日で燧ケ岳までご一緒させて頂く事になりました。

マイカー利用の私たちは、到着時間が早くて多摩支部の皆さんはバスで10時30分着という事で、待たずに先に出発しました。最初は青空も見えていたのですが、オヤマ沢田代を過ぎたころには、なんだか雲行きが怪しくなって来ました。小至仏下のトラバースを終えて先を見ると至仏山は真っ白なベールに包まれていて、まるでそこに居ないかのようでした。左のハイマツを踏まない様その横を進み至仏山頂に到着しました。山頂には、約30人位が(山スキー客2/3、登山客1/3)居ました。写真を撮り短い休憩の後にピッケルに持ち替えて山ノ鼻に向けて下山を開始する頃には風が出てきて、水平に雪が降ってきました。辺り一面が真っ白で視界も制限されて風もあり先行者のトレースはスグに消えてしまい、山ノ鼻の方向が判りづらい状況でしたが、GAMINを使っていたので常に自位置と方向を見失うことなく下ることが出来ました。樹林帯まで来ると曇を抜けて、再び視界も風の状況も良好となり山ノ鼻小屋まで順調に歩みを進める事が出来ました。多摩支部の皆さんは17時過ぎ頃に小屋に到着されました。入浴して晩酌しながら明日の予定を巡らせて、コタツの横に布団を敷いて足を入れて就寝しました。

28日

昨日から未明にかけて、降雪したようです。早朝の尾瀬ヶ原はノートレースでサイコーに気持ちよく歩みを進める事が出来ました。竜宮十字路、見晴らしを過ぎ燧ケ岳の登山口の先もトレースが無く膝上くらいまで雪があり、なかなか方向と歩みが進みません。16時30分鳩待峠の乗合タクシー最終時間の制約を考慮した結果、途中(夏時間で頂上まで175分地点)で引き返すことにしました。下山途中、見晴らしに宿泊しているという3人と2人と御池に抜ける後発の多摩支部9人とすれ違いました。このままピストンで尾瀬ヶ原を帰ってもつまらないので、東電小屋(半分埋まってた)、ヨッピ橋(踏み板無し)経由で山ノ鼻を通って、鳩待峠に到着しました。時間は15時。燧ケ岳にチャレンジしていてもやはり時間猶予は約1.5h程で結局、引き返すことになってしまう様だったと思いました。また次回にお預けです。帰宅してから聞いた多摩支部の方からの情報によると多摩支部9人は16時頃に御池に到着し、途中ですれ違った見晴らし宿泊の5人は温泉小屋分岐でピッケルを持って無い為に引き返して下山したそうです。

今回は、モンベルで買ったフォークとスプーンが一緒になったヤツを持って行ったのでちゃんとご飯が食べられてよかったです。今でもワカンがあればひょっとしたら燧ケ岳の頂上に行けたんじゃないか?って、往生際悪く思ってしまうこのごろです。

(Kz.o記)  


鳩待峠からの至仏山への登山口


オヤマ沢田代を過ぎてから振り向いてパチリ


小至仏のトラバースが終わってその先


思ったほど寒くないので笑顔。


ストックからピッケルに持ち替えてイザ、山ノ鼻へ


ルートは稜線の向こう側ですよ。多分。。


樹林帯まで到着~


本日の宿「山ノ鼻小屋」


朝の4時20分、燧ケ岳に向け出発~


ノートレースの尾瀬ヶ原


朝日が雪面に反射して、幻想的です


昨日のトレースが雪で埋まって無いです。


トレースなく、足が進まない


時間切れで、ここまでとしました。


ヨッピ橋。板が外されています


今度は景鶴行きましょう


木道は川の所だけ出ています


上のをクリックすると尾瀬ヶ原の360度動画(音声ナシ)を再生します。
※ Internet Explorer 11の方は、画面下部の「ブロックされているコンテンツを許可」ボタンを押下後に、
画像にマウスカーソルを移動すると再生ボタンが現れます。


(写真/撮影:M.S , Kz.O)