PAGE TOP ▲

   山形県    月山(1,984m)スキー登山

  

【期  日】 2019年6月3日(月曜日)

【メンバー】 CL/S.A   他2名

【コースタイム】 月山リフト終点8:25―姥ヶ岳中腹8:45―シール登行開始9:15―(途中スキーデポ)―12:10月山山頂―スキー滑走下降地点13:50―14:45 姥沢駐車場

【コメント】
 今年も巡ってきた親友の蕎麦や葉山「茶や辻」店主との山行である。直前になって残雪情報が入り久しぶりに月山スキー登山に決定、さくらんぼ マラソンにも参加する後輩共々3名で山形県東根市に向かった。
 3日:前日のハーフマラソンの疲れにもめげず月山弓張平キャンプ場を出 発、リフト終点から姥ヶ岳中腹まで歩いてのスタートである。
 カラッとした快晴で気分は最高、月山山頂に続く尾根へのルートは取らず、 一旦下降して沢を登り返すことにして滑り始めたが、大雨により斜面が波板 状の連続で思うように滑れず、ましてやテレマークスキーではどうにもなら ず、ひたすらに体制を保ちながらの下降となった。
 平らになった地点でシールを付け山頂目指して登行開始、3名それぞれの 登行で牛首を過ぎたあたりの稜線に到着した。
 時間があればスキーを山頂まで担ぎ上げ反対側の雪が多い斜面の滑走を楽 しむことができたが、九合目でスキーをデポしスキー靴のまま雪のない一般 登山道を登り山頂に達した。
 山頂付近で昼食方々景色を堪能し、スキーデポ地点までの下降であるが、こんなに怖い思いをしたのは久しぶり(以前も同じであったが)で、スキー靴での岩混じりの登山道を下りる恐ろしさは格別であった。(S.A記) 

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます   (写真 S.A)