PAGE TOP ▲

 会山行  八ヶ岳  硫黄岳(2760m)


硫黄岳山頂
  


【日  付】  2019年7月6日(土)~7日(日)

【メンバー】  CL:J.K  SL:Y.I  N.U   S.N  T.K  R.K  H.A  Y.T  H.S  Y.S  Y.Y  M.K   M.S  Ks.O  M.M  C.K  Kz.O  K.A(18名)


【コースタイム】 1日目 唐沢鉱泉・桜平分岐9:25→10;50桜平11:00→11:35夏沢鉱泉12:00→ 12:45オーレン小屋12:55→13:55夏沢峠14:05→15:15硫黄岳15:20→15:35硫黄岳山荘

2日目 硫黄岳山荘7:30→9:35赤岳鉱泉9:50→10:25行者小屋11:20→13:20美濃戸山荘13:50→14:30美濃戸口

【コメント】
高山植物の女王と称される「こまくさ」 今回は硫黄岳山荘での「こまくさ祭り」そして八ヶ岳最高峰の赤岳登頂と贅沢な山行。

1日目、丸大バスにお世話になり唐沢鉱泉・桜平分岐まで。今にも雨が降りそうな空の中 先ずは桜平まで歩きます。その後、林道を30分歩き体が温まった頃で少し硫黄の匂いがすれば夏沢鉱泉に到着。 ここでお昼を食べ、シラビソの林を歩きオーレン小屋へ。 ここから峰の松目に行く予定でしたが、ガスで景色は見えないのでそのまま夏沢峠へ。 一瞬、これから登る硫黄岳への急登が見えカラフルなザックの列が動く。 崩壊した登山道を横目に足場の悪いガラガラした道を所々にあるケルンを目指して歩いているとキバナシャクナゲ、イワカガミ、ミツバオーレンなど高山植物が荒々しい砂礫地の中で咲いていています。 また、今回主役の女王「こまくさ」は・・・ほとんど蕾でしたが1つだけ花を咲かせていました。綺麗な青紫のウルップ草も力強く咲いています。 花々に元気をもらい宿泊先の硫黄岳山荘に着くと駒草神社の神事が行われていました。 夜は「こまくさ祭り」が開催され山の上の演奏会と美味しい食事やお酒が振舞われ とても楽しい時間を過ごす事ができました。 夜になると雨と風が強くなり、明日の赤岳登頂が心配に。

こまくさ祭りのご馳走


2日目の朝、雨も風も止まず激しくなる。赤岳まで行くのは危険と判断し硫黄岳山荘から下山。赤岩の頭、赤岳鉱泉を通り、行者小屋では名物のおでんやラーメンなどのお昼を食べ、 行者小屋番長で「山なめんなよ」Tシャツが大人気のカモシーと一緒に記念撮影。 その後も雨は止まず美濃戸口へ下山。ここからはバスで日帰り温泉へ行き、 汗を流し美味しいお酒を飲みながら帰路に着きました。皆様、お疲れ様でした!
     C/K記


サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
   写真  Ks/O  Kz/O  K/A