PAGE TOP ▲

高尾山(599.3m)  3連続登頂


 
 
  

【日  付】 2019年7月19日(金曜日)

【メンバー】 L:M/S  K/A  Y/I     3名

【コースタイム】
 8:12高尾発小仏行きのバス乗車~
蛇滝口より登山開始8:25~2号路~4号路~高尾山山頂(1回目)10:00
10:15下山開始 3号路~2号路11:25下山
6号路より登山開始11:40~高尾山山頂(2回目)13:00
13:20下山開始 稲荷山コース14:30下山
1号路登山開始14:40~高尾山山頂(3回目)16:00
16:20下山開始 6号路~17:15下山

【コメント】
 雨で、また計画していた山がつぶれた。来週には槍ヶ岳へのバリエーションルートが迫っている。雨でも比較的安全で訓練になる計画をたててAさんとIさんが賛同してくれた。雨覚悟の登山だ。
そして朝起きると早速アクシデントが。・・・京王線が止まっているとAさんからラインが。ホントだ。
昨年タワ尾根に行くときも中央線が止まっていた記憶が蘇る。私にとって数少ない電車使用の時に限って何故か電車が止まる。出発時間を気にしながらAさんとアイデアを出し合うが時間がなかったため、JP高尾駅まで行くことにする。混雑している電車を乗り継ぎ高尾で落ち合う。結局小仏行きのバスに乗り蛇滝口から高尾山を目指すことにする。訓練なので荷物は本番と同じくらいの重さを背負うことにした。ほぼ本番と同じ物を詰めてきたAさん。私は濡れると乾かすのが大変なので、ロープやガスやアイゼン、高尾山と関係ない物をぎっしり詰め込んだ。高尾の駅でさらに大量に水をザックに詰め込んだIさん。どのザックもずっしりと肩に食い込む重さだった。しかも湿度が高く蒸し蒸しとした天気で登山開始前から体力が奪われていった。
とういうわけで予定通りの3連続高尾山登頂が始まった。まずは蛇滝口から。水行の道で修行場を越えて行く。何故か朝早く登山者に見えない人が上から下りてくるのに2回ほど出会った。普通の登山者はいなかった。ほとんどの道を経験しているというAさんも初めての道だそうだが途中道が崩れていたりと注意喚起の看板が多かった。蛇滝口から2号路4号路を経て1回目の山頂へ。きつい階段になるともう少しで北鎌のコルだよなんて声を掛けて励ましあった。1回目の山頂は京王線も止まっていたせいか人はまばらだった。下山は3号路から2号路へ。3号路はほとんど巻き道で長く面白くない道であった。
2回目はAさんお勧めの6号路を登る。沢沿いを行くちょっと涼しいコースだったが最後の長い階段にIさん、すべての体力を奪われる。私も頂上直下で幼稚園の遠足の子供に「だいじょうぶですかあ」と声をかけられてよほどひどい顔だったんだろうなあと苦笑い。2回目の登頂は13時。京王線も動き出したのか人も増えてきていた。下山は稲荷山コース。1番山らしいコースだそうだ。ただ前日の雨と水はけが悪いせいかドロドロの道が多かった。又外国人も多かった。下山するとポーンとケーブルカーの乗り場に出た。
さあ、最後3回目、みんなさすがに疲れてきて言葉も少ない。稲荷山コースを登って6号路を下りようと考えていたが道がドロドロだったし足も疲労しているので正統派の1号路に変更。だが1号路の坂がめちゃきつい。Iさんがヒッチハイクしたいと言い、時折車が追い越していくのをみな恨めし気によける。若者の集団に軽く追い越されていく。私たちは荷物がどんどん重くなっていく感じで歩みものろい。でも薬王院が近くなると気分も又変わる。Iさんも初めてということで北島三郎の杉苗奉納札の場所を教えてあげる。華やかな境内を抜けていくのだが階段を登るのに体と足が重い。周りの人は私たちが3回目って知らないから変な集団と思われたに違いない。やっと槍の穂先が見えてきたなんて妄想を抱いて3回目の登頂を果たしたが時間は16時。もう茶屋も店じまいして山頂の人もまばらだった。あとはドロドロの靴を綺麗にする目的もあり6号路で下山する。帰りに駅までの道で若い女の子数人に6号路の道を尋ねられるが、足元を見るとみんなおしゃれな靴ばかり。滑るし濡れるし危ないからやめた方がいいよと1号路を勧める。ビアマウント高尾に行くそうだ。
高尾山の3往復はかなりきつかったが、コースを変えると同じ山とは思えない魅力を再発見できた。
又雨を覚悟していたが雨は降らず、日が出たらもっと暑くて3回登れなかったかもしれないと思った。                                                        【コメントM/S】

    1回目登山蛇滝口から・・まだ元気です              鬱蒼とした道

  

     修行場を抜けて行きます                          蛇滝
  

  道が崩れていると注意書きがあります
   
 
    吊り橋                            長い階段 至る所にあります
  


       1回目の下山 3号路から                可愛いお地蔵様
  


      2回目登頂前に休憩                  2回目登山は6号路から
  



     洞窟に何か祀られています                 琵琶滝の修行場
  



       子供を守る狛犬                    沢沿いの涼やかな6号路
  


     2回目下山は稲荷山コースから         ケーブルカー駅のまん前に下山します
   


    3回目の登山は1号路から             この急坂が疲れた体にムチ打ちます
  


    新宿の高層ビルが見えました                  有名なタコ杉
  


    表参道もなかなか風情があります          杉苗の奉納札を見ながら