PAGE TOP ▲

   北アルプス   奥又白池(2471m)



  


【日  付】 2019年7月30日(火)

【メンバー】 CL:S.A Y.Im K.A Y.Ii  4名


【コースタイム】 徳沢8:35-10:00中畠新道分岐-13:05奥又白池(昼食休憩)14:05-17:50徳沢


【コメント】

北鎌尾根から槍ヶ岳という難関コースを歩き続けて、前日夕方に徳沢テント場に戻ってきました。 メンバー8名のうち4名は都合により帰宅し、残ったのは私達4名。事前の計画では、小屋泊りで北穂東稜というものでしたが、 日程がずれてしまい日帰りで行けるところ限定となり、Aリーダーの提案で「奥又白池」に決定!徳沢からピストンで6~7時間のコースだそうです。 地図を見ると、途中の中畠新道分岐までは1時間40分ほど、そのあとは破線コースで時間がわかりません  (;^_^A  しかも「熟達者向」とあり、等高線がくっついていてかなり急登のようですが・・・。疲れ切った足で歩けるのかちと不安ではありましたが、リーダーを信じてついて行くことにしました。

朝ゆっくりの出発で問題ない、とリーダーが言うので、各自好きな朝食を取り、8:35に徳沢を元気に出発!(←その時はまだ元気でした (-_-;)  いくつか橋を渡り、ゴロゴロした岩を歩いて中畠新道分岐に到着。 この日はやっと晴れて暑かったので、冷たい沢の水が有難かったです。そこで長めに休憩を取り、いよいよ急登を登ります。 破線コースですが、歩く人が多いのか思ったより整備されていて、ロープも数か所ありましたがすべて新しくて持ちやすいものでした。 しかし!思っていたよりかな~り急登&難所が多い! 暑さも加わってへとへとになり、「池はまだですかぁ~?」と何度も聞く始末。

これでもか!というぐらい登って、やっと目的の池に着きました。池は思っていたより小さくてひっそりしていました。 テント場があるというので誰かいるかもしれない、と思っていましたが、誰もいませんでした。 私達だけでこの場所を独占し、ゆっくりと昼食を食べ、景色を眺め、一時間もそこにいました。 確かにテントを張った後はありますが、小さなゴミ一つなく、歩いてきたものだけが味わえる大自然を満喫できました。

しかし、急登を登った後には急坂を下りなければなりません。下山では、昨日までの疲れが出たのか、右足が思うように動いてくれません (T_T)  難所ではどうしても時間がかかってしまいます。みんなに迷惑をかけてしまいましたが、何とか分岐まで辿り着いた時にはホッとしました。 徳沢まで戻り、約束通りソフトクリームで乾杯!標高差909m、休憩込み9時間の山行で、山行中に出合った人は一人もいませんでした。私達の長かった山行も今日で終わりました。

今回、みんなで助け合って北鎌尾根を歩き通すことができたことは、忘れられない思い出となりました。 さらに、あまり行くことのない奥又白池に行けたのも、リーダーAさんのお陰です。リーダーはじめ、7名の北鎌メンバー全員の方に感謝します。ありがとうございました!

 K/A記


サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
  写真 S.Az. Y.Im. K.Ar. Y.Ii