PAGE TOP ▲

武州 御嶽山(929m)・ロックガーデン
満開のイワタバコ

  
 【日  付】 2019年08月03日(土曜日)

【メンバー】 L:Y/Y T/M 2名
【記 録】 
 


【コメント】
 連日の猛暑日にいささか閉口していた!
どこか涼しいところに行って気分転換をしたいな~、近場の山では暑いだろうな~?!と思案している頃Y/Yさんから”どこかへ出かけませんか?”と呼びかけていただき、直感的に”御嶽山・ロックガーデン”にケーブル利用でと応え、行きましょう!となって計画書を作って送ってくれました。
 いつもと山行より少しゆっくり目の電車を乗り継いで御嶽山駅に向かいました、この日も真夏日を予感する朝から暑い陽射しが強く、山上の気温が気になりましたが、駅前には臨時バスが出るほどのハイカー・登山者で混雑していました。
 往復全て”SUICA”で行けるかな?っと思ってケーブル駅の乗車券電子販売器はなんと9時開業!?こんなこともあるんだと別の方策を探っていると、Yさんが改札手前に”チャージ器”を見つけてくれました(お釣りの出ないチャージ器)事なきを得てケーブルに乗車、下道を歩いて登る登山者は皆無!
 山上駅からレンゲショウマ園を経由すると、咲いていました!今年初の可愛い花がチラホラ、最盛期は今月いっぱい”レンゲショウマ祭り”、園を過ぎるとヤマユリが沢山咲いて芳香を漂わせています、花に詳しいYさん、次から次にと花が咲いているので、いろいろ教えていただきながら御嶽山神社へ向かいました、ところどころ参道の木洩れ日が差す以外は、そよ風がそよぐ別天地!ゆっくり寄り道しながら歩きます、御岳ビジターセンターにも寄りました、資料を眺めながら確か御嶽山は花の百名山ウケラだけど?写真は掲示されてなく係員に訪ねてみても、ひょっとして御岳山違い?と言われる始末?!いや!田中澄江さんは「武州御嶽」と書いていますが、別名”オケラ”言われるが万葉集にも詠まれた歌が掲載されているそうです。(茶花)絶滅進行種?
 御嶽山神社に参拝、参道のお店は開店前、ヤマユリやレンゲショウマ、紫陽花の咲くを下って、長尾平から天狗岩を経てロックガーデンに下るコースをとる、木陰の道は一段と涼しく、暑い自宅にいるより体を動かして気持ちも良い、やはり出て来て良かった!渓谷に降りるとすでに先着の人々が思い思いの涼しげな場所で休憩中、谷川の水音の柔らかな響き、涼しい風、フシグロセンノウが咲いている、玉川杜鵑も、ほれ!イワタバコが沢山!岩の湿ったところの壁にイワタバコの群落、初めて見る”可憐な花”が最盛期にありました。
 休憩所のそばの渓流沿いに荷物を下ろし、早めの昼食休憩です、リーダーが用意をしてくれた”具沢山のなめこ汁”ゆっくりくつろいで食後のコーヒーを淹れ甘未を楽しみながら、緑いっぱいの木々から溢れるフィドンチッドのなかオゾンいっぱい癒しの空間を楽しみました。「こんな山行も良いですね!」で一致。
 ”お浜の桂”、”綾広の滝”で水垂の音に癒され、滝上の道を”長谷川恒夫記念碑”を経由して、ケーブル駅まで、途中トレールランのメンバーが追い越していきました。
 帰路も、ケーブル、バス、電車と順調に乗り継ぎ、暑さを感じたのは、下車駅から自宅の間だけ?!
山行を終えて、かえって体がシャキッとした感じで快い疲労感でした!          (記:T/M)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
     (写真 T/M)
 
 ※Geographica で取得したデータを”ヤマレコ”サイトで編集したもの。