PAGE TOP ▲

福島県 会津駒ヶ岳(2133m)

        童話に出てきそうな会津駒の小屋
  

【山  域】 福島県 会津駒ヶ岳 2133m

【期  日】 2019年9月8日(日)

【メンバー】 Ks.O

【往  路】 志木 7日 23:27 ~ 新越谷 0:26 ~ (尾瀬夜行) ~ 3:18 会津高原尾瀬口駅 4:20 ~(バス)~ 5:20 駒ヶ岳登山口

【復  路】 キリンテ 14:57 ~(バス)~ 16:20 会津高原尾瀬口駅(入浴)18:14 ~ (リバティ会津148号)~ 20:41 春日部 ~ 21:38 志木

【コースタイム】
駒ヶ岳登山口(入口)5:45 ~ 駐車場(朝食)~ 滝沢登山口 6:20 ~ 7:30 水場 7:50 ~ 9:00 駒の小屋 9:20 ~ 9:35 会津駒ヶ岳山頂 9:40 ~ 10:10 中門岳(ちゅうもんだけ)10:30 ~ 11:20 駒の小屋 11:35 ~ 大津分岐峠 12:40 ~ 14:30 キリンテ

【ルート】


【コメント】
夜行電車を利用して、会津駒ヶ岳に日帰りで行ってきました。この夏一番の好天気に恵まれ、気持ちよく歩いてきました。

駒ヶ岳登山口のバス停から滝沢登山口に向かいます。途中、駐車場への近道(山道)があり、そちらに進みます。車道はかなり回り道になります。駐車場は何もなく、ベンチもありません。ここから先は車は進入禁止、しばらく歩いて滝沢登山口に到着。

バス停そばの標識 駐車場へショートカット
  

滝沢登山口 水場までは結構な急登です
  

水場を過ぎ、湿原に入ります 小屋までもう少し
  

駒の小屋に到着 反対側は駒ヶ岳
  

小屋で休憩して、山頂に向かいます。山頂は木に囲まれていて、眺望はまあまあ
  

中門岳に向かいます。駒ヶ岳で引き返す人が意外と多かったようですが、この景色ですから、行かないのは勿体ないです。中門池に山頂の標識がありますが、もう少し先まで行けます。池塘が広がり、登山道の行き止まりは景色が良いので、折角だから足を延ばしましょう。
  
  

高原の花々 秋の気配が漂います。
  
  

小屋まで戻って休憩、与野からというご夫婦としばし歓談。クーラーバッグにビールを何本も入れて重かったのではと余計な心配をしました。
「とんでもない。私は山に行きますよ。」とは別の新バージョンのTシャツを売っていました。
下りは、富士見林道から大津岐峠を経てキリンテに出ます。のっけから、急な道でちょっとびっくり。稜線歩きはありますが、滝沢登山口からの道と比べて、歩く人は少なく、荒れた感じがします。
  
  

大津岐峠を左に曲がって、キリンテに下ります。笹が覆い茂って歩きにくい、笹がなくても枝を払いながらで歩きにくく、通る人は少ないようです。また、単調な道が長いので、疲れました。それでも、キリンテに随分早く着いたので、一本前のバスに乗り、会津高原尾瀬口駅で入浴して、帰路に就きました。
  

  

(記、写真 Ks.O)