PAGE TOP ▲

 奥日光 日光白根山(2578m)

  
  

【期  日】 2019年9月14日(前夜発)

【メンバー】 L:SI(外部) YY TOK KI(外部)

【コースタイム】 菅沼登山口 6.35 - 弥陀ヶ池 8:25 - 白根山山頂 9:50 - 避難小屋 10:50 - 前白根山 12:05 - 五色山 -(昼食) - 国境平 13:30 - 金精山 14:00 - 14:40 金精峠 14:55 - 15:45 菅沼登山口

【コメント】 前夜に「道の駅 しらさわ」泊、5時起床で朝食後、車を菅沼Pに停め菅沼登山口から出発する。紺碧の空、すっかり秋の気配が漂う。 コースは白根山山頂?五色沼避難小屋?前白根山?金精峠を経て菅沼に戻るロングコース。 この夏、大きな山に行けなかった私は、急なお誘いに喜んだものの、少々不安・・・。

 弥陀ヶ池まで標準コースタイムより早めに到着。カニコウモリの群落が多い。 池のほとりの木道を通り、岩場の急登を登りきると、山頂に立つ。 途中、尾瀬の燧ヶ岳も雲海の上から頭を出し、絶好の登山日和に登山者も多い。

 五色沼方面に下り、避難小屋脇の急な道を登る。五色沼を見下ろしながら白ヨメナの繁茂する道を行き前白根山までが長く感じられた。 稜線を国境平へ。かってこの分岐から日光湯元に降ったが、急な段差の激しい悪路だったのを思い出す。御嶽山が噴火した日だった。 今回は五色山~金精山を越え、金精峠に到着。一服する。

 昭文社の地図には金精峠~菅沼までの下りは30分とあるが、ヤマップでは50分とある。この差は何? 途中から抉られた涸沢のような道になり、目印のリボンが無く、迷いそうな箇所もあった。やはり50分近くかかって菅沼登山口に到着。 9時間強の行程となったが、皆さんに助けられながら歩き通す事が出来、感謝です。
(TOK記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます  (写真 TOK)