PAGE TOP ▲

 谷川連峰 谷川岳(1977m)



肩ノ小屋目ざして、ひたすら登ります
  


【日  付】  2019年11月6日(水)

【メンバー】  CL Y.S   T.K   T.Y   合計 3名

【コースタイム】  天神平駅出発9:39-熊穴沢避難小屋10:39- 谷川岳肩ノ小屋12:02-トマノ耳12:59-
          オキノ耳13:19- 天神平16:26

【コメント】
紅葉がちょうどよい時期だと思い、車で出発した。6時に志木駅を出発したが、天神平についたら、9時30分だった。ウイークデーなので、登る人も少なかった。

登りはじめは良い天気で、青空が見えていたのに、登り始めた途端に曇り空になり、それ以降下山するまで曇りと小雨の天気だった。紅葉はすっかり終わっていた。 久しぶりの谷川岳だったが、思っていた通り、鎖・ロープもあり、険しい登りだった。

肩ノ小屋までが思っていたよりも長く、時間がかかってしまった。小屋の中に入り、ゆっくりと昼食にした。若い人たちが思い思いに食事をしていた。 ラーメンのおいしいにおいもしてきた。

食事が終わって外に出てみたら、谷川岳は、冬景色だった。カッパを上下着て、帽子をしっかりかぶって、頂上を目指した。強い風が吹いていて、寒かったが、「これが谷川岳だ」という事が実感できた。 冬は厳しい山だという事で、もう冬が始まっていた。トマノ耳、オキノ耳まで行ってきた。帰りは、同じ道を戻った。転ばないように気をつけながら下った。

天神平に着くと、なんと下界は良い天気だった。ロープウエーから眺めた紅葉は今が盛りできれいだった。
          Y/S記  

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます