PAGE TOP ▲
ハイキング部山行
  伊豆大島 三原山(758m)~裏砂漠

   伊豆大島岡田港(出港前撮影)
  

【日  付】 2019年11月24日(日曜日)東海汽船前夜発

【メンバー】 CL:S.K SL:S.W
    M.K S.O I.K N.M Y.T H.S K.Y S.T M.I Ma.I S.F C.K M.S (15名)

【コースタイム】 22:00 竹芝桟橋出港 ⇒(船)⇒ 6:00 岡田港着 → 6:15 バス発 → 6:37 大島温泉ホテル着(朝食・休憩)
8:50 ホテル発 → 9:13 三原山頂上BS着 ~ 10:00 三原神社 ~ 11:00 大砂漠分岐 ~ 12:10 大島温泉ホテル着 → 13:40 ホテル発 → 14:05 岡田港着 → 岡田港発 14:40 ⇒(船)⇒ 16:45 竹芝桟橋着
【コメント】
 前日からの雨は、出発当日の夕方になっても上がらず、久しぶりにゴア着用の山行になるかと思いながら、竹芝桟橋に集合する。
今回の山行は、東海汽船の三原山ハイキングツアーに15名で参加した。22時発の大型客船さるびあ丸に乗船する。特2等指定席利用(2段ベッドの寝台)で 船中泊、翌朝6時に岡田港に到着予定。静かな船出だったが、低気圧の影響か、夜半過ぎから大揺れで、5時半の起床後は、船内を歩くのも大変だった。 ツアーは総勢80人で、添乗員さんは2人。
 島の北側、岡田港6時に到着後、バスで大島温泉ホテルに移動して、バイキングの朝 食、入浴と、出発時間までを過ごす。
雨は、止んだものの、靄がかかり、視界が無い中、バスに乗り温泉ホテルを出る。 途中、ドライバーさんの温かい案内を聞きながら、三原山登山道路を咲き始めたさざ んかなど見ながら三原山頂口に着く。 舗装された表参道の、溶岩地帯を行くと、所々にシェルターがある。三原神社に参拝 し、お鉢巡り(火口一周道路)をし、 最高地点(758m)を確認して、裏砂漠ルートをGOALの温泉ホテルへ向けて下った。 ホテルに着き、用意された幕の内弁当を食べ始めたころ、靄も晴れて良い天気に なってきた。 帰りは時速80kmの高速ジェット船で、無事に到着。解散となった。(N.M記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます  (写真 S.T)