PAGE TOP ▲
ハイキング部山行  新年の里山の十二支寺を歩く
  


【期  日】 2020年01月19日

【メンバー】 L:Ch.K Mo/K To/K S/F Si/O N/M I/S Mi/O Ch/M (9名)

山域:武州寄居12支寺 山行:2020年1月19日(日)

【コースタイム】 9:40寄居駅→10:00放光寺→10:10浄真寺→10:20正樹院→10:35西念寺→10:55天正寺→11:55天龍寺→12:20善導寺(昼食)→13:25少林寺→14:40寄居駅

【コメント】
令和2年が明けて初めてのハイキング部山行です。 山行といっても正月休み後の足慣らしです。寄居の8つの寺院をめぐり自分の 干支のお寺で健康、安全登山を祈願する。今回は女性ばかり10人の参加です。 寄居駅で顔合わせと挨拶の後に、それぞれ自分の干支を確認して出発。メンバーの年齢は幅広く同じ干支で二回りの差がある方もいて、あら~まるで親子だね。 山の会も若い方が増えて、嬉しいことです。 前半の4つのお寺は駅の近くの住宅の中に点在していて、リーダーについて 歩かないと見落としてしまいそう。住民の日々の生活に溶け込んでいるような感じがした。お賽銭をと思ったが賽銭箱ない・・。手を合わせてナム~。 法光寺・浄心寺・正樹院・西念寺はそれぞれ7・8分の距離にあり、短時間で巡る事ができた。 天正寺は山側の高台にあり、寄居の町が見渡せる。立派な鐘楼があり突いてもいいとのことで、ゴ~ン。余韻は2分も続くらしい。立派な山門を構えた正龍寺を後にして善導寺で昼食にする。門を入ると蕾をいっぱい付けたこぶしの大木が春を待っている。東屋をお借りしていつものにぎやかなお昼ごはん。 最後のお寺は500百羅漢で有名な少林寺。お寺の左手から羅漢様が並ぶ小径を登りながら、喜怒哀楽の表情に「それあるよね!」。 穏やかな山行でした。  平地お寺巡りとはいえ、2万歩の歩きはお正月明けの足慣らしには十分でした。                        (I/S記)

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます
                      写真コメント(写真:M.S)