PAGE TOP ▲

春を探しに  秩父 長瀞アルプス〜宝登山(497m)

  


【期  日】 2020年2月2日(日)

【メンバー】 CL:ToK /SL:NM/IS/SeT/MoK/SF/MaI(7名)

【コースタイム】 新座駅7:12→野上駅9:18/9:35出発→萬福寺9:55→天狗山分岐10:35→氷池分岐→野上峠11:00→ナラ沢峠11:20→宝登山12:00〜(昼食)13:00→宝登山神社14:10→長瀞駅14:30

【コメント】  宝登山のロウバイが見頃だとTVで放映していた。今度の土日は暖かく晴天の予報。 その前に富士五湖方面に随分雪が降ったようなので、三ツ峠に行きたいと思っていて調べたが、山に積雪はあるが、バスが御坂トンネルで通行止めになっているのが分かり、諦めた。  急遽宝登山の蝋梅を見に数名に声をかけたら、7名で行くことになった。 おばさん達の中、黒一点の男性・会長は勇気と覚悟を持って(?)参加を決めたそうな。 宝登山は身近な蝋梅の山だが、私は2度行ったきりです。毎年行っているというNMさんに サブになってもらい心強い。  寄居駅で秩父線の急行が来たので乗ると、(秩父線はスイカやパスモが使えず現金のみ)降りる時に急行料金¥210を払わされ、皆ブーイング!誰もが急行料金を払うとは思っていなかった。でも赤字路線だから仕方ないのかもね。 朝の冷え込みも解消し、車窓から見えた富士山は雲ひとつ無く快晴の1日になりそうです。  萬福寺までは車道。そこから山道に入る。針葉樹林帯の中は薄暗く寒々しい。 針葉樹林帯を抜けると急に明るく拓け暖かい日差しが降り注ぐ。急登を終え歩き易い尾根道をルンルン行くと、遠くに雪のある山が見えた。あの形は何と日光の男体山! 突然道端に箱が設置されていて「百円・大人だったら入れてください・・私有林」と書いてある。そういえば以前もこの箱があったことを思い出し入れる。大人だから。  途中でSeTさんが小鳥を見つけた。茶色の胴体に黒い羽根に家紋のような白い輪、ジョウビタキだ。この冬初めて見た。残念ながらモタモタしてカメラに収められなかった。  そして宝登山直下の階段地獄が待っていた。これでもかというように階段が続く。 やっと山頂へ。蝋梅の香り漂う黄色い林の向こうに武甲山が真正面。 その右端に両神山がゴツゴツした山容でくっきり見える。  満開のロウバイの中、人出も多い。私達は切り株をベンチにしてランチタイム。黒1点の人が皆にお汁粉を配ってくれる。いつもご馳走様です。 のんびり1時間もランチと蝋梅を楽しみました。紅梅や福寿草も咲いていました。  あとは宝登山神社に降り、長瀞駅へと向かう。春うららの山行でした。 

サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます (写真 ToK)