PAGE TOP ▲

西部ブロック スノーシューハイク
長野県  湯ノ丸 ~ 池ノ平高原

  

【日  付】 2020年2月23日(日曜日)

【メンバー】 L:MR.S S.O、I.S、N.U、Y.K、CH.M  6名

【コースタイム】 川越ウエスタ前出発6:20→湯ノ丸スキー場着9:50→レンタルハウス出発10:15 樹林帯に入る10:25→目標地点(集合場所)11:35(各会自由散策と昼食13時まで)→ 集合場所に戻る12:40→下山開始13:00レンタルハウス着13:30 駐車場着13:45→バス出発14:05

【コメント】
 西部ブロック36名の参加で4つの班に分かれました。新座山の会は6名、峠山の会の5名と一緒の班となりスノーシューを楽しみました。平地では晴れていましたが、高度が上がるにつれて空は雲に覆われ、湯ノ丸スキー場では雪が降っていました。雪の中で支度をして班ごとに出発。MR.Sリーダーを先頭にパウダースノーの中を歩いて行きます。スノーシューはほとんど初めての私は新雪に入っていっても沈まないことに感動です。
 スキー場を2回横切って池の平の方へと進んで行きました。衣服調整やスノーシューの調整で休憩を入れつつのんびり登っていきます。雪が降っていて寒いけれど風がないのは救いです。11時半に昼食タイム、食べ終わる頃には少し薄日が差してきました。13時まで自由行動なので食べ終わると池の平の方に6人で歩いて行きました。サルノコシカケがいっぱい生えた木や他の植物が共生している木など触りながら楽しく歩きます。もう少し行くと眺望のよい所に出ると教えてもらい歩いて行くと、樹林帯が切れパッと現れた篭ノ登山と青空。わ~感動~。とてもきれいでした。 集合場所にて36名全員で記念撮影をし、下山は晴れた中歩きました。目の前に湯ノ丸山が見え、とても気持ちがよかったです。これがスノーシューの醍醐味なのだなと思いました。
 レンタルのスノーシューは調子のよくないものがあり、何度も外れてしまい大変そうでした。私はMI.Kさんにお借りできて本当よかったです。ありがとうございます。リーダーの準備・気配りは大変だったと思います。西部ブロック担当役員の皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。                              (記:Y.K)

 サムネイルをクリックすると、拡大写真のページを開きます           
                              (写真 CH.M)