PAGE TOP ▲

山梨県 
小金沢山(2014m)?牛奥ノ雁ヶ腹摺山(1990m)


石丸峠の登りから見た富士山
  

【日  付】 2021年10月30日(土曜日)

【メンバー】 L:Y/U、T/K、R/K、M/O(4名)

【コースタイム】 甲斐大和駅着8:03ータクシー乗車9:10ー小屋平BS9:50ー10:00ー 石丸峠11:15ー昼食11:30から12:00ー小金沢山13:10ー牛奥ノ雁ヶ腹摺山14:10ー林道15:08ーすずらん昆虫館前BS15:45(タクシー乗車16::00ー甲斐大和駅発16:42ー新座着18:39)

【コメント】
  緊急事態宣言も解除になり県外の山にも行ける、秋晴れが続き、紅葉も見頃となって、考えることは皆同じ。甲斐大和駅に着いて仰天した!見たこともない長蛇の列!!最後尾はどこ??状態! 混んでも栄和交通バスは臨時便を出してくれるとたかをくくっていたが、40分待ってもバスは来ない!たまらず、他の人が予約済みのタクシー運転士さんに無線連絡してもらい予約した。 暫し待ち、やっとタクシーが来た。予定のバス時間より1時間遅れて出発。ほっとする。 今日の行程は充分余裕があるので、慌てることはないが、帰りの終バス(16時)が満員で乗れない恐れがあるので運転手さんに「すずらん昆虫館前に16時の予約を入れてもらった.ヤレヤレ! これで安心して出発できます。  歩き出して間も無く林道に出るとすっきりと大きな富士山が見える。素晴らしい! 山道に入っても富士山と一緒。カラマツはもう葉が落ちていて残念! 笹原の道になり石丸峠に到着。多くの登山者が行き交っている。牛の寝通りへの道を分け下方に大菩薩湖を見て富士山の後ろに南アルプス連峰が連なり、雪を被っている山もあります。 小金沢山の手前でランチ。暖かくなんと良い秋晴れでしょう。Oさんお手製のイカめしをとても美味しく頂きました!反対方向の湯ノ沢峠からの登山者もすれ違い、小金沢連嶺の登山道はいつになく賑わっています。  小金沢山の登りは、満腹のお腹を抱えて少々しんどく、牛奥ノ雁ヶ腹摺山の山頂では富士山の中腹に雲がかかり始めました。  下山は紅葉のオンパレード!であまりの美しさにため息が出てしばしば足が止まりました。 下山のバス停にはタクシーが待っていて、予定通りの時間に駅へ。 緊張を強いられる所も無く、富士山と紅葉をゆったりと楽しめた秀麗富嶽12景の山行でした。     
(T・K記)

 サムネイルをクリックすると写真が拡大します。               写真 T/K M/O